大事な事

設計するにあたり大事と思っている事は大きく3つあります。

1.全体を考える。
2.準備しておく。
3.感じる事、考える事を意識する。

1.全体を考える。

全体としての構成、ボリューム、関係性、繋がり、バランスが、重要であると考えています。

細部を突き詰めていく事も大切な事ではありますが、全体が上手くまとまっていなければ、細部を練り上げても破綻する恐れがあります。

常に広い視野で、全体を見渡し、俯瞰で眺める。何度も立ち戻り、確かめたい事です。

2.準備しておく。

設計条件はいつも同じではありません。

どんな条件にも対応する事ができるよう、常に準備するよう心掛けています。

原理・知識・事例・法令等は出来るだけ多く記憶し、書物を手元に置いて、見返せるようにしています。

3.感じる事、考える事を意識する。

普段の生活の中でも、設計に役に立つ事があります。

例えばキッチンの近くに洗濯機があると、洗い物と洗濯を同時にする時に便利だなと思っておくと、住宅の間取りを考える時、参考に出来ます。

生活以外でも、旅行や外食、映画を見る時、常に何かを感じるとる・考える事は大事と考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました