料金について

料金について、わかりやすくご説明いたします。

ライフスタイルに合った家を実現するにはやはり建築士によるオーダーメイドが一番です。我々建築士は、皆さんの「住みたい家づくり」の相談に乗って、イメージづくりから家を完成させるまでをトータルにサポートする専門家であります。

我々は、設計部分の「設計料」と工事の進行を管理する「監理料」を主に頂戴しております。それ以外に家の構造や規模が複雑で大きくなると「構造設計計算料」がかかる場合があります。

我々が頂戴する業務報酬は、建築士の独占となるわけですが不当に高くならないよう、又逆に不当に安くなり業務に支障がでないように国土交通省の建築士法第二十五条、国土交通省告示第九十八号による規定がありまして、それに基づいて算出しております。

 

 

 

 

 

 

 

支払いについては、建築士法第二十五条、国土交通省告示第九十八号による規定を参考にしております。

● 建築士法第二十五条
● 国土交通省告示第九十八号による規定

設計監理料は、総工事費の10%とお考え下さい。
ただし、これはあくまで目安ですので、規模や内容によってご相談に応じます。

● 設計監理料

建物の規模、構造によっては、別途構造設計計算料がかかります。
協力して頂いている構造設計事務所に依頼します。
構造設計料は総工事費の2%とお考え下さい。

● 構造設計料

総工事費とは、施工業者と工事契約締結における工事金額のことです。

● 総工事費

消費税は別途、ご負担頂きます。

設計監理料に含まれないもの
・確認申請手数料、中間検査手数料、完了検査手数料。
・地盤調査費用。
・建物登記費用。
・住宅性能表示、長期優良住宅、フラット35設計・中間・竣工検査手数料。

 

タイトルとURLをコピーしました