インナーテラスのある家

インナーテラスのある家 木造2階建て 延床面積28坪

敷地周辺は住宅に囲まれていましたが南東に交差点があり、交差点の向こうは視線が抜け、その先に小さな川が流れていました。敷地の特徴を活かし、明るく、プライバシーが保たれ、落ち着きのある住宅を目指しました。

日中に永い時間を過ごすリビング・ダイニングを2階に配し、十分に採光を得る事が出来るようにしました。1階には寝室と水廻り、客間を配しました。

2階リビングの東側にインナーテラスを設け、川を眺める事が出来るようにしました。
インナーテラスは春や秋に屋外で川からの風を感じくつろげる半屋外空間です。
またこのインナーテラスは周囲の視線からリビング・ダイニングのプライバシーを守る緩衝帯となります。

1階は採光を得る事が期待できず、2階は天井の高いリビングとなっていますが、太陽熱を利用した全館空調システムにより、冬でも寒くないよう考慮しています。

伊藤裕子設計室と共同設計

施工 大野建設

 

タイトルとURLをコピーしました