行田長野の曲屋

行田長野の曲屋 木造2階建て 延床面積47坪

敷地の南に道路があり、東に畑、北と東は空き地でした。
敷地は広く、敷地から隣の建物の距離は離れていて、採光を得るのに問題の無い敷地でした。
建主の主な設計条件は、①十分な収納を確保する事、②仏壇を置く和室を設ける事、
③キッチンからリビング、和室を見渡せる事、④子供室は6帖の広さで3室を設ける事、
⑤ご主人の仕事場と住宅の入口は分けて、屋内で行き来出来るようにする事、⑥布団を干せるバルコニーを設ける事でした。

家族がLDKでゆったり出来、個室でも快適性を考慮し、家事のしやすい住宅を目指しました。

住宅を敷地の北側に寄せ、南に大きい庭をとりました。
2階建て部分は住宅で平屋部分はご主人の仕事部屋で、平屋の屋上は布団が干せるバルコニーとなっています。
1階はリビングダイニング、キッチン、和室、水廻りを配し、2階には主寝室と子供部屋を配しています。
1階の南東にリビングダイニングを設け、朝日を感じながら朝食を食べる事が出来るようにしました。
和室はリビングダイニングと可動間仕切りで仕切られて、一体利用や個別に使う事が出来るようにし、床下収納を設け、引出し式の収納としました。
キッチンは対面式を採用し、キッチンに立つとリビングダイニング、和室を通して、南の庭を眺める事が出来るようにしました。
キッチンからパントリーを通り直ぐに洗面所に行く事が出来るようにし、家事動線の短縮に努めました。
収納は他にシューズクローク、階段下収納、洗面所用収納、キッチン用収納と、個別に設けました。
2階は約8帖の主寝室とウォークインクローゼット、各子供室に収納、トイレと洗面を設けました。

小屋裏のエアコン1台で各部屋に冷気暖気を送る全館空調を行い、光熱費の節約を考慮しました。
各個室には2以上の窓を設け、通気する事が出来るようにしました。


施工 大野建設

 

 

タイトルとURLをコピーしました