稲穂の家

稲穂の家 木造2階建て 延床面積36坪

敷地の周辺状況は、南と東に道路、西と北は隣地でした。
南には道路を挟んで住宅が建っており、東には道路の向こうに田んぼが広がっていました。
視線が抜ける方向は、田んぼの広がる東と南東でした。

敷地の特徴は、東南の開放感のある田んぼの広がりでした。
この広がりを取り込んだ家を創りたいと考えました。


敷地の北東に建物を配し、南の庭を広く取り、1階に採光を得られるようにしました。
駐車しやすいよう、幅の大きい東道路側に駐車スペースを取り、東に玄関を設けました。
幅の狭い南側の道路は見通しが悪かった為、南側道路への行き来は塀で遮り、子供の飛び出し事故を防ぐようにしました。

リビング・ダイニングを田んぼに近い南東の隅に配置し、大きな開口部を設ける事で、
リビングに座ると庭と田んぼが繋がり、田んぼの広がりが空間の延長となるよう設計しました。
さらにキッチンに立つと庭や田んぼの風景を眺める事が出来ます。
キッチンは対面式のオープンにする事で、リビング・ダイニングの様子が分かります。

建主の要望により、鉄骨階段がリビングから見えるようにとの事でしたので、
リビング・ダイニング上部に吹抜けを設け、鉄骨階段の全体が見えるよう設計しました。

リビング・ダイニングの天井は高いですが、太陽熱を利用した床暖房システムにより、
冬でも寒くないよう考慮しています。
各個室には2つ以上の窓を設け、ドアを閉めても通気出来、水廻りにも窓を設け、
各部屋、住宅全体で通風が取れるよう設計しました。


施工 大野建設

タイトルとURLをコピーしました